豊かな自然と、個性的な歴史や文化に育まれた球磨村。
 そんな球磨村では「ムラまるごと棚田博物館」事業を展開しています。
 日本の棚田百選である「松谷棚田」「鬼ノ口棚田」をはじめ、大小様々な棚田が織りなす田舎の原風景は見どころ満載です。

 そんな棚田の一つ、「松谷棚田」では、2015年より「棚田オーナー」の皆さんと一緒に棚田の保全や再生に取り組んでいます。

 このコーナーでは、棚田に植えた苗が大きく成長する様子はもちろん、松谷棚田のいろんな様子を紹介したいと思います。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

8月10日 (水曜日) 棚田オーナー田植えで植えた苗がぐんぐん大きくなっています


 6月12日、雨が降る中、棚田オーナーや田植え体験の皆さんと一緒に植えた苗が
 ぐんぐんと大きくなっています。

 見て下さい!!

 あんなに小さく頼りなかった苗が、今ではこんなに成長しました。

 奥に見える集落は、谷向いの「毎床地区」
 一勝地梨の産地で有名な地域です。100年以上の梨の栽培の歴史を持っています。

 この時期は、松谷棚田と毎床棚田の田んぼが青々としており、爽やかな印象を受けます。

 実際、谷から棚田へと吹く風は本当に気持ちいいんです。


  


 つい先ほど撮影した写真なのですが、名札を超えそうになっています。
 深く刺した名札の中には、埋もれて名前が確認できないものもありました。


  


 この稲たちが黄金の稲穂を実らせ、稲刈りするのは10月。楽しみですね!!
 右の写真は、何も植えていない場所ですが、9月になれば「蕎麦」を育てます。
 蕎麦は白い花を咲かせますので、水田とのコントラストも楽しめるかなと思います。




棚田展望所より、松谷棚田を見てみました。

一時期は休耕田が増えてしまいましたが、多くの方々の努力と協力により、徐々にですが昔の姿を取り戻しつつあります。

次回アップは、8月20日ごろを予定しています。次はもっと多くの写真でお送りしたいと思っていますので、楽しみにお待ちください!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


8月30日 (火曜日) 稲が花を咲かせ、穂をつけました!!



 お待たせしました!! 「棚田に恋をした」

 第2回目をお届けします。


 今年は雨が非常に少ない8月となりましたが、

 棚田を管理している方のおかげで

 良いお米が出来そうです。

 今回は8月29日現在の松谷棚田の様子をお届けします

 棚田への降り口ですね。向かいに毎床地区が見えます。


  

見て下さい!! この青空と輝く緑のコントラスト!! まるで絵画のようです。


  

水路からあふれ出る水は、那良川の約3q上流から取水しています。

生活用水として、農業用水として、地域の生活を支えている川です。

そんな那良川の恵み、おいしい空気を体いっぱいに受けて、無事に穂をつけ「稲穂」となりました!!



 そしてこれが稲の花です。

 この穂になっているところの白い部分です。


 田舎に住んでいる人以外は、中々見る機会がない

 と思いますが、実は田舎でも水田を持っている方以外

 は見落としがちだったりします。


 今度見る機会があればじっくり観察してみては

 いかがでしょうか?



 棚田の畔を歩いて撮ってみました。

 すごい!! きれいに並んでいます。


 田植え綱を使ってみんなで一列に並んで

 植えた苗です。蛇行しているかなと思ったら、

 こんなにきれいだなんて!!


 これがもう少ししたら色が変わりだします。

 本当に楽しみですね!!




 今回は、棚田の中腹部からさんがうらの後部にそびえる天狗山を見てみました。

 不整列な石積みの棚田が、いかにここでの水稲栽培が困難であったかを感じさせます。

 天狗山から広がる雲が、まるで龍のように天へと舞っていく様子の写真です。


 次回は9月初旬の予定です。この稲たちがどう変わっているか、楽しみにお待ちください。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


9月6日 (火曜日) 台風12号の影響はなく、稲たちは元気そのものです。


先日、台風12号が九州地方の西側を通過していきました。強力な台風でしたが、暴風域や強風域の範囲が狭かったのも幸いし被害は出ませんでした。

でも、心配されている方も多いと思います。そこで、今日は「稲たちは元気だよ」というのをお伝えしようと、9月5日に撮影してきました!!

さっそくその様子をご紹介します。今回は、皆様に安心していただくために、取り急ぎ写真中心でお送りします!!


 

見て下さい、この元気な稲たちを!! これは棚田の真ん中位の所の写真ですが、太陽の光に照らされて、輝いています。


 

 

 

 

棚田のお米たちは、みんな元気です!! 頭を垂らしはじめ、すくすくと育っています。





輝く稲穂が黄金に変わるのもあと少し。 次の更新は20日前後の予定です。

次回はもう少しコメントしますね。お楽しみに!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


9月21日 (水曜日) 台風16号九州南部を通過。稲に異常なしです


台風12号を無事にやり過ごせたと思ったら、台風16号が接近し、九州南部に上陸していきました。

当初、直撃の予報で我々も戦々恐々としておりましたが、南部の方に進路を曲げたのが幸いし、九州山地、霧島連山の防御と相まって
大きな被害もなく、やり過ごすことができました。

しかし、今年の台風は日本への上陸回数が多く、観測史上最多となったようです。
今回の台風も、こちらは大きな被害が出なかったとはいえ、全国的に見れば、大きな爪痕が残ってしまいました。

両手を挙げて喜べない状況ですが、棚田の稲たちにとっては、良かったと言える状況だったようです。

やり過ごせたと言っても、やはり台風です。大雨を伴い、風も少しは吹きました。
穂をつけ、頭を垂れた稲は重いので、少しは倒れてしまっているものもあります。

でも、地面に倒れてはいません!! 頑張って耐えていました。折れてもいないので、大丈夫です。

今回は、たくさんアップしようと思っていた(前回、そう書きました)のですが、ご心配な方も多いと思いますので、
写真で、近況報告したいと思います。

で、今回はとりあえず 3枚だけ!! 次回をお楽しみにお待ちください!!



頑張って耐えました!! 向こう側の倒れそうになっている稲たちも、元気です。


 

もうそろそろ、といった感じですね。 頑張ってくれてありがとう!!

次回はなるべく早く状況を更新します!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------