2019年 5月 5日「お茶摘みとあくまき作り体験」

平成から令和へと変わり、今年は10連休だったゴールデンウィーク。
さんがうらは、そんなことは関係なく、毎日お客様で賑わっておりました。
そして5月5日という、ゴールデンウィークの終わりかけに開催した
「お茶摘みとあくまき作り体験」

そう、令和となって初めてのイベント開催でした!!

これは実は日程的にヒヤヒヤものでしたが、蓋を開けてみると
多くの方にご参加いただき、楽しい体験となりました。
八十八夜(今年は5月2日)にちなんだ「お茶摘み」
端午の節句(5月5日)にちなんだ「あくまき作り」
2つの田舎ならではの体験を皆さんと一緒に楽しみました。

天気も素晴らしく、新しい元号の始まりにふさわしい体験でした。
それにしても、新緑が眩しい!! 最高でした!!


みなさん、本当にありがとうございました!!


前日から準備しておきました。丸一日、24時間漬けています。

竹の皮。人吉球磨、鹿児島県は、あくまきはもちろん、ちまきにも竹の皮を使います。

屋外施設にて体験を開始。今日の体験が楽しみで朝4時には起きられたという方も!! 

参加された皆さんからは質問の嵐。あくまきは強い人気がありますね。

ぐつぐつ煮立ったかまどの中へ入れていきます。途中で上下を変えるので、入れすぎにはご用心。

蓋をして湯がきます。この場はスタッフに任せて、お茶摘み体験へ行きます。

那良地区へ。棚田に向かって降りていきます。地元の方のお茶畑をお借りしました。

小さい子供さんと一緒に、ご参加いただきました。やっぱりお父さんお母さんと一緒が落ち着くね!

夢中になりすぎて、あっという間に時間が過ぎていきました。さあ、お昼ご飯ですよ〜

屋外施設にて昼食。田舎料理が中心です。お茶の葉の天ぷらも出ました。

火力が強かったので、今回は2時間余りでできました。形もうまく整っています。

中身はこんな感じ。もちろんみんなで試食会を行いました。とっても美味しかったです!!

眼下に見えるのが「那良棚田」その先に「松谷棚田」が見えます。その上にそびえるのが「さんがうら」です。 

shop infoさんがうら

田舎の体験交流館 さんがうら

〒869-6402
熊本県球磨郡球磨村
  大字三ヶ浦乙629-3
TEL(FAX) 0966-32-0443


集











VISIT 熊本県