2017年 5月 4〜6日 熊本市より 鎮西中学校 剣道部 様 合宿

今年もゴールデンウィークの時期に、鎮西剣道部が合宿利用でご来館です。
今回は、宿泊は鎮西中学校のみです。高校剣道部は和歌山県で試合中なのです。

ごっつい高校生と違い、中学生はあどけなさが残るものの、
剣を構えたらやはり、剣士です。真剣な表情になっています。

それで、当然気合を発するわけですが、恒例というか何というか、
地域の方から電話がかかってくるのです。
「何ね? すごか声の聞こえる」「地響きのしよるばい」

それで、剣道部がこの時期に来るのがお馴染みになってきているので、
知っている人は、鎮西の剣道部だと言わなくてもわかるのです。

4日・5日と、気合が入った合宿が進みます。
保護者の方も多く来られて、部員のケアやサポートにと大忙しです。
こういった家族のサポートや理解があるのが強豪校なんだな、と思います。

そして、体が出来てきている高校生と違い、練習とともにもう一つ、
体を大きくするために食べるのも、中学生の練習の一つです。
これは実は、ものすごく大変なことかもしれません。
部員の皆さんも一生懸命に頑張っていました。

で、最終日の6日。
ここで、なんと!! 和歌山から試合が終わったばかりの高校生が合宿に合流!!
母校を追い越して球磨村へ。1日練習してそしてまた帰るという、
通常では考えられないデンジャラスでワンダフルな展開に、テンションは皆MAX!!

合宿も一気ヒートアップ。音も声もさらにでかくなり、
中学生も先輩たちに引っ張られるかのように、一段と練習に熱が帯びていました。

最後は、道着を着たまま記念撮影を忘れておりましたが、
熱い3日間の合宿が終了。帰路につく部員の顔は、
どこかホッとした表情と、充実した表情に見えました。

中体連と、インターハイまであと少しです。
力を出し切って、良い結果を出してほしいです。応援しています!!


みなさん、本当にありがとうございました!!


鎮西中学剣道部。中学校単独としては、初めての合宿になります。

胴着を身にまとい、練習が始まります。緊迫した空気に。では、いざ参ろうか。

体育館2階、左手に見えるのが、保護者の観覧&団らん&事務所?みたいなところです。

松木先生。鋭い眼光で見渡します。厳しくも優しい先生です。


打ち込み練習。よく声が通ります。

吉里先生の愛犬にして、合宿のマスコット。可愛い。

カメラのシャッター速度を決めるのが難しい…

気になるところがあると、松木先生の指導が入ります。

晩御飯の様子。まだあどけなさが残る表情ですね。

こちらは、保護者の方。

家族の協力があってこその合宿ですね。

練習だけでなく、夜の花火も楽しみました。

最終日。たくさんの人が集結。なぜかというと…

なんと高校剣道部が合流!! 雰囲気が変わります。

吉里先生。この方がまた熱いんです。

声も音も全てがパワーアップしていました。

中学生と高校生と剣を合わせて練習しています。素晴らしい光景です。

こう見ると、威圧感があります。かっこいいですね。剣先に緊張感が漂います。

吉里先生も胴着を纏って稽古をつけていました。

松木先生の指導の様子。厳しい叱咤が飛びます。

あ〜、何かやってますね〜。これは、まさか!?

笑ってる〜。実はじゃれてただけでした(笑)

 集合写真です。皆さん、合宿お疲れさまでした!!

ポーズを指定された君をクローズアップ!! かっこいいぞ!! 

shop infoさんがうら

田舎の体験交流館 さんがうら

〒869-6402
熊本県球磨郡球磨村
  大字三ヶ浦乙629-3
TEL(FAX) 0966-32-0443


集